肝臓の病気について

○肝炎について

 

肝炎とは、肝臓の細胞が炎症を起こし、細胞自体が破壊されていく病気です。
肝炎になってしまう理由はさまざまあり、ウイルス性のものから、アルコールや薬物が原因になっているものまであります。
そして、一口に肝炎と言ってもその種類もたくさんあるのです。

 

日本の肝炎の患者さんのほとんどは、B型肝炎ウイルスやC型肝炎ウイルスに感染することで発症しています。
C型肝炎は、ニュースでもたびたび取り上げられる為ご存じの方も多いと思います。
沈黙の臓器と呼ばれる肝臓ですが、肝炎を発症すると黄疸が出たり、倦怠感や疲労感、発熱、吐き気など風邪と似た症状が出ます。
ほとんどの人が風邪と勘違いし、病院に行くまでに時間がかかってしまうようです。
ただ、肝炎は放っておくと死に至る可能性もある怖い病気です。
風邪の諸症状でも自己診断はせず、必ず病院で医師の診察を受けましょう。

 

ウイルス性の肝炎には、A・B・C・D・E型と言った種類があります。
ウイルス性の肝炎は、血液や粘膜などから感染します。
その為、ご自身の肝臓の状態は大丈夫だと思っていても、いつの間にか感染してしまっている場合もあるので注意が必要です。

 

また、アルコールの大量摂取が原因で肝炎になってしまった場合は、アルコール性肝炎と呼ばれ、これは脂肪肝の状態が長く続いてしまうと起こります。
ただ、いわゆるアルコールだけが原因での病なので、アルコールの摂取量を控えるだけで予防ができます。

 

肝臓の病は、とにかく自覚症状が表れません。
いつの間にか病気が進行してしまうので、定期的に検査を受けることをお勧めします。

 

○肝硬変について

 

中年の方やお年寄りから多く聞く肝硬変ですが、名前は聞いたことがあるという方も多いと思います。
では、肝硬変は実際どういう病気なのでしょうか。

 

肝硬変はその文字からもわかるように、肝臓が硬くなってしまう病気です。
肝臓は再生能力が高く、ダメージを受けて肝細胞が壊れてしまっても、また新しい肝細胞が作られます。
ところが、これが慢性化してしまうと新しい肝細胞を作る能力が落ち、硬い再生結節と繊維組織がダメージを受けて脱落してしまった肝細胞を補うため、硬くなってしまいます。
これが進んでしまうと肝硬変になってしまいます。
肝硬変も、初期段階であれば自覚症状は全くありません。
進行すると尿の色が濃くなったり、むくみが出たり、腹水がたまってしまいます。
こうなってからでは遅い為、定期的に肝臓の数値を確認する必要があります。

 

○脂肪肝について

 

今までは50歳を超えてから発症する人が多かった脂肪肝ですが、最近では30〜40代と比較的若い方にも増えてきているのが脂肪肝です。
脂肪肝は、食べ過ぎやアルコールを摂取しすぎた為に肝臓が太ってしまった状態を言います。
成人男性のおよそ10%、女性でも3%の人が脂肪肝であると言われており、最近では子供にも発症する人が多くなっています。
脂肪肝をそのままにしていると、やがてウイルス性の肝炎や肝硬変に発展してしまいます。
脂肪肝も、早期に発見し治療をすることがとても大切です。

 

肝臓の病気は自覚症状が無いと言いますが、脂肪肝も初期の段階では全く自覚症状がありません。
疲れやすくなったり、体にダルさが出てきたり、食欲不振になってきたら要注意です。
とは言え、これだけの症状ではなかなか診断が難しいと思います。
普通だったら、風邪かな?くらいにしか思わないような症状なのです。
その為、やはり定期的に健康診断を受けて数値を確認しておく必要があります。

 

脂肪肝の場合、重症度によっては投薬による治療を開始しますが、ほとんどの場合は食生活を見直したり、日常生活に運動を取り入れる事で肝臓に蓄積した脂肪を排出していくことになります。
特に、毎日アルコールを召し上がる方は脂肪肝になりやすい為注意が必要です。
アルコールを全く摂取してはいけないというわけではありませんが、週に1度は休肝日を設けると良いでしょう。
また、お酒の場では揚げ物など脂っこい食べ物が多いですが、こうしたおつまみに気を付けるだけでも違います。
そして適度な運動ですが、運動と言っても例えばいつもより1駅前で下車して自宅までウォーキングするなど、できる範囲で構いません。
突然マラソンを始めたりすると、逆に体がビックリしてしまう事もあります。
何よりも持続することが大切なので、今できることを少しずつ実践していきましょう。