肝臓に良い成分について

ここでは、肝臓に良いと言われている成分についていくつかお話します。
肝機能を高めるためには、これらの成分が入った食材を使って効果的に体内に取り入れると良いでしょう。

 

○タウリン
肝臓に良い=タウリンと言っても過言ではないほど、タウリンは肝臓への効果が高い事で知られています。
タウリンが多く含まれているのは、牡蠣などの貝類、イカ、タコなどの魚介類です。
タウリンは肝臓の働きを助けますが、特に脂肪肝と診断された肝臓に効果的だと言われています。
それは、タウリンに脂肪を取り除く働きがあるからです。
肝臓に良いとされるサプリメントにはほとんどのものにタウリンが配合されています。
食事で摂る事が難しければ、サプリメントで摂取することもお勧めです。

 

○オルニチン
肝臓に良い成分というと、タウリンの次に有名なのがオルニチンです。
オルニチンはアンモニアを尿に変換するのを助ける為、老廃物を効果的に体外に排出させます。
肝臓にたまった毒素を効果的に排出することで、肝臓への負担が少なくなり、肝臓が元気になります。

 

○ウコン
お酒を飲む方には良く知られているウコン、二日酔いの防止に飲酒前に飲まれる方も多いと思います。
ウコンは、アルコールの分解を助ける働きがある為、アルコール摂取後に素早く分解でき肝臓への負担が少なくなります。
また、胆汁の分泌が促すため消化が促進されます。
中性脂肪が肝臓にたまるのを防いで、脂肪を分解する役割があります。

 

○アラニン
アラニンはホタテにたくさん含まれている成分で、分解する力を助ける成分です。
肝臓は、アルコールやアンモニア、脂肪などの毒素が長くとどまったり、たまってしまうことでダメージを受けます。
素早く分解することができれば肝臓への負担が減らすことができるのです。