肝臓に良いスルフォラファンサプリメント

人間の臓器の中でも特に大きなものといえば肝臓です。
物理的な大きさもさることながら、人間が生きていくうえで欠かせない臓器ということで重要度も大きなものといえます。
しかし、何か異常があっても自覚症状が少ないということから肝臓は「沈黙の臓器」という別名がつけられています。

 

肝臓はアルコールを分解する作用が最もよく知られていますが、お酒を普段から飲む習慣がないから肝臓への負担も少ないだろうと思われがちです。
しかし、現実はお酒を普段から飲まないからといって負担がかかっていないわけではありません。
たとえばアルコールの他にもアンモニアなどの有害物質の分解も肝臓が行っており、それだけでなく体内にエネルギーを蓄積する役割も担っています。
こうした理由から、肝臓は人体の健康維持には欠かせない臓器ともいえるのですが、そんな肝臓の機能を正常に保つための働きをもっているのがスルフォラファンです。
スルフォラファンは毒素や有害物質などを取り除く効果があり、さらに解毒酵素の働きをも活性化させる役割も果たしています。

 

・スルフォラファンとは
スルフォラファンは1990年代初頭にアメリカのある大学で発見されました。
もともとはがん予防の研究において発見されたこの成分は、様々な病気の予防効果があることでも知られています。
このスルフォラファンは、ケールやキャベツといった野菜に多く含まれていますが、中でも特に多く含まれているのがブロッコリーです。
スルフォラファンはブロッコリーの新芽ではなく種の方に多く含まれていることが確認されています。
スルフォラファンのサプリメントはこうした植物から抽出されたものを利用しており、優れた解毒効果をもつことから高い人気があります。

 

そんなスルフォラファンですが、一日の摂取量については30mgがひとつの目安とされています。
しかし、これだけの量をブロッコリーで補うとなればなかなか難しいものです。
しかもこれを毎日食べるということですので、決して簡単なことではありません。
また、ブロッコリー以外にもスルフォラファンを含んだ食べ物はたくさんありますので、こうした野菜から取り入れるという方法もあります。
とはいえ、こうした健康的な食生活というものは「継続」して初めて効果がありますので、野菜ばかりだとなかなか続かないのが現状です。

 

そこでおすすめなのがサプリメントを利用するという方法です。
サプリメントを利用するメリットは、なんといっても「手軽」であるという点です。
また、サイズも小さいため持ち運びにも便利ですし、外出時でも簡単に持ち出すことができます。
それでいて野菜から取り入れるよりも多くの量のスルフォラファンを取り込むことができますので効率的な補給を考えているのであればサプリメントの利用が最適といえるでしょう。