肝機能障害について

肝臓の機能が正常がどうかを調べるには、血液検査を受ける必要があります。
肝機能が低下していると、γ-GTP・GOT(AST)・GPT(ALT)などの数値に表れてきます。
医師がこれらの数値が異常と判断すると、肝機能障害があると伝えられます。

 

「肝臓は沈黙の臓器」とよく言われますが、肝臓はダメージを受けていても痛みを発したりせず黙々と働き続けます。
その為、ほとんどの人が自覚症状がないままにどんどん病状が悪化してしまいます。
痛みなどの自覚症状が表れた時は、病気はかなり進行してしまっている場合がほとんどです。
その為、健康診断で肝機能の異常を伝えられても、自覚症状が無いためにビックリします。

 

先に述べたγ-GTP・GOT・GPTは、肝細胞の中に存在しているタンパク質の一つです。
肝細胞の中では酸素の働きをしていますが、正常な場合は肝細胞から外に出ることはありません。
つまり、これらが血中にあるのはごく少量で、異常がなければ血中には存在しない成分と言う事になります。
血液検査でこれらの数値が高く出ると、肝臓が何らかのダメージを受けていて成分を血中に放出してしまっているということになるのです。

 

みなさんもご存じだと思いますが、肝臓の機能を低下させるのはアルコールの多量摂取が原因であることが多いです。
もちろんそれだけではありませんが、アルコールを摂取する方は肝機能障害を起こしやすい為、もし肝機能に異常があると診断されたらお酒を控える必要があります。
肝臓はいつの間にか病状が進んでしまう臓器です。
日ごろからアルコール摂取量には気を付け、定期的に健康診断を受けるようにしましょう。

 

○肝臓に効果的な運動

 

肝臓を健康に保つには食生活を正す事が重要ですが、同じくらい重要な事が運動です。
特に脂肪肝になってしまった場合は、運動療法がとても効果的です。

 

一口に運動と言っても、特に有酸素運動が良いと言われています。
有酸素運動には、スイミングやウォーキングなどが上げられます。
腕立て伏せや重量上げなど一時的に力を入れる運動は無酸素運動と言われ、肝機能に障害がある方には逆に体への負担が大きくかかる為行ってはいけないと言われています。
やりすぎると症状が悪化する可能性もありますので気を付けましょう。

 

有酸素運動は、持続することに意味がある運動です。
できれば30〜40分は続けてあげると良いでしょう。
また、1日だけ行うのではなく、少しずつでも日常生活に取り入れることが大切です。
スイミングやジョギングが難しければ、いつもより1つ手前の駅で降りて歩いて帰るなど、続けることが重要です。