肝臓サプリ※ランキングと食事対策

当サイトでは、肝臓サプリメントについてご紹介いたします。肝臓は暴飲暴食や飲酒、加齢と共にどんどん弱っていきます。肝臓サプリメントを摂取して、肝機能を高めていきましょう。特に、肝臓サプリのタウリン、オルニチン、ウコンなどが肝機能を高める成分として注目されています。

 

肝臓サプリ 人気口コミランキング

肝パワーEプラス

肝パワーEプラスは、肝機能を高める効果があるタウリンを豊富に配合した肝臓サプリメントです。
タウリンが多く含まれているという広島産の牡蠣、長野産のニンニクをふんだんに含み、体を休め癒やしてくれる効果があるクエン酸やアミノ酸を豊富に含んだ紀州産の南高梅を使用しています。
吸収力は一般的なサプリメントの4倍もあり、飲み始めると疲れが出にくくなると言います。
そんな効果からリピート率がとても高く多くの人に支持されています。
今なら公式ホームページからのお申込みで全額返金保証制度がついています。

 肝パワーEプラスの公式サイトへ

 

セサミンEX

セサミンは、体を若く保つ働きがあり、疲れにくい体を手に入れることができます。既に160万人もの愛飲者がいる、とても人気のある肝臓サプリです。
セサミンは、ゴマ1粒に1%未満しか含まれていません。とても希少価値が高い上にとてもパワーのある成分なのです。またセサミンと相性が良いと言われているオリザプラスと呼ばれる成分も含んでいます。
オリザプラスは日々の体調を整えることができる玄米由来の成分。また、美容のためのビタミンEやトコトリエノールも配合しています。今なら公式ホームページから定期コースを申込みするとプレゼントがついてきます。

 セサミンEXの公式サイトへ

のんどこ小町

のんどこ小町には、13種類のマルチビタミンとシステインのペプチドが含まれています。システインペプチドは、私たちの肝臓の中にも存在している成分です。その為体への馴染みが強く素早い効果が期待できます。二日酔いや飲んだ後の二日酔い防止、肝臓のケアにも役立ちます。また、13種類のマルチビタミンは毎日不足する栄養素を補給することができます。

協和発酵バイオ オルニチン

1粒になんとシジミ300個分のオルニチンが含まれたサプリメントです。オルニチンはアミノ酸の一種で、肝臓にとても良い働きをします。ただ、シジミを食べただけではオルニチンのパワーは発揮できません。そこで、オルニチンを発酵することでオルニチンの本当の力を体の中に届けることに成功しました。公式サイトからはワンコインで購入することができます。オルニチンを含んだサプリメントの中では日本一の売上を誇る協和発酵バイオ オルニチンを是非試してみてください。

 

肝臓病とサプリメント

肝臓は、ダメージを受けていても痛みや体の不調としてそれを訴える事がありません。
その為、「沈黙の臓器」と呼ばれることもあります。
肝臓病は、肝臓にダメージを受けた時に発症する病です。
腹部の痛みや熱っぽさなど、何らかの症状が表れればよいのですが、ダメージがあっても一生懸命働く臓器のため、肝臓の病気の発覚が遅れてしまう事が多くあります。
肝臓は体中の臓器と密接な関係があります。
その為、他の部位に支障が表れる頃には肝臓は既に重症だったという事もあります。
予防には定期的に健診を受けることが一番です。

 

肝臓病は、肝炎、脂肪肝、肝硬変、肝臓がんなどの肝臓に関わる病気(肝機能障害)の総称で、かかってしまった病気によって症状や重症度もさまざまです。
悪くなっても体に異変が表れない肝臓ですが、1つだけ肝臓が悪いために起きるサインがあります。
それは、顔に黄疸が出る事です。
黄疸が強く出れば出るほど、肝臓が悲鳴を上げているというサインです。
ただ、沈黙の臓器と呼ばれる肝臓のため、黄疸が出てしまうと既にかなり病気が進行してしまっている場合がほとんどです。
日ごろから食生活やサプリメント、飲酒の量に注意しながら生活していくことが大切なのです。

肝臓の肥満症といわれる「脂肪肝」

小腸で分解された脂肪は脂肪酸に。その後、肝臓で処理されていく流れになるのですが、糖分やコレステロール値の高い食事を続けていくと肝臓内には中性脂肪がうまく処理されない状態となり、蓄積されていきます。

 

脂肪分の多い食べ物以外にもアルコールの過度な摂取を続けていると、中性脂肪が増えるリスクが高まっていきます。

 

皮下脂肪が増大することで代謝がスムーズに行われなくなり、肥満体型になっていくのですが、肝臓が肥満化すると肝脂肪という状態に。

 

食材にフォアグラがありますが、肝脂肪はまさにその状態といわれます。ちなみに健康的な肝臓の場合、3〜5パーセントが脂肪分で、脂肪肝といわれるのは数値が5パーセントを上回った状態を意味します。

 

健全な状態の肝臓は、およそ7割弱がリン脂質で構成されており、それ以外は中性脂肪・遊離脂肪酸、、、が、脂肪肝の場合は中性脂肪が多くを占める状態となり、リン脂質がほとんど無い状態となってしまいます。

 

働き盛りの30代から40代と脂肪肝のリスクが大きいとされ、40代になる頃の男性に多い傾向があります。女性の場合は40代を過ぎたあたりで脂肪肝のリスクと判明している人が多いのが現状です。脂肪肝は女性よりも男性が罹りやすい傾向にあるようです。

 

脂肪肝の症状について

肝臓は「沈黙の臓器」といわれ、その病気は自覚症状が無いことが珍しくないため、早期の対策をする上でも定期診断をしていくことが予防策として有効です。

 

脂肪肝になる傾向

食生活が飲み過ぎ、食べ過ぎを繰り返しているとリスクが増大します。日頃、運動不足な人も要注意。

 

非アルコール性脂肪性肝炎(NASH)

脂肪肝から、肝炎・肝硬変・肝がん という流れはお酒を飲む人に限った話では無い場合もあり、その症状を非アルコール性脂肪性肝炎といいます。

 

(英語では Non Alcoholic Steatohepatitis の略称としてNASH)

 

原因としては、過剰な肝臓への負荷を掛ける事と考えられており、過剰なダイエット生活で体重の増減が激しい場合などに起こるといわれています。そのため、肥満体型でもないのに肥満体型でもないホッソリした女性が非アルコール性脂肪性肝炎になる場合も、、、

 

食生活が著しくバランスを欠いたものだったり、ダイエットで体重の変化が激しい場合、肝臓へのダメージが考えられます。無理のない範囲から生活を健康的なものに変えていくようにしたいですね。